レビトラと風邪薬の併用

嬉しく笑うカップル

レビトラを服用すると副作用として目の充血や顔のほてり、頭痛などの症状を感じることがあります。
これらの症状は時間が経過することで治まりますが、風邪の症状にも似ているため服用後しばらく経過しても症状が治まらない場合は本当に風邪をひいている可能性があります。
レビトラの作用時間は10mgで5時間程度、20mgで8時間程度とされていますが、この作用時間内に風邪薬を併用しても問題はないのでしょうか。

結論を先に述べれば、レビトラと一般的な風邪薬の併用には問題はないとされています。
そのため併用による副作用の重症化などが起こる可能性は低いとされ、また鎮痛作用のある頭痛薬を服用しても同様に問題はないとされています。
レビトラの副作用に頭痛があると先述しましたが、この頭痛が気になってしまい性交渉に支障が出てしまってはせっかくレビトラを服用しても、効果を実感することが出来ないかもしれません。
そのため頭痛が気になるようでしたら、頭痛薬を併用し痛みを軽減することも性交渉を成功させる大切なポイントになります。

他にもレビトラと併用しても問題がない薬には花粉症の薬、胃腸薬などもありますので、花粉症の時期にアレルギーの薬を服用していても使用に関して問題はありません。
しかし今現在、胃の病気になっている場合はレビトラを服用に関して問題があるので、服用を止めるか医師に相談して下さい。
自己判断で服用の続行を決めるのは危険なので止めましょう。

それでも常備薬としてある風邪薬とレビトラの併用が気になるのであれば薬局などで薬剤師に確認をしたり、他の薬を処方している医師に確認をすると安心できます。
プロからの判断を仰ぐことで安心し、余計なストレスを溜め込まないで性交渉を楽しむことが出来るかもしれません。

関連記事