• ホーム
  • レビトラのジェネリックを使った治療をするED治療院

レビトラのジェネリックを使った治療をするED治療院

レビトラは世界初のED治療薬に次いで開発された薬です。
レビトラの主成分はバルデナフィルで、バイアグラ同様に勃起の終息に関わっている体内酵素の働きをブロックする効能を持つ薬です。
バイアグラの主成分クエン酸シルデナフィルに比べて水に溶けやすいのがバルデナフイルの特徴で、有効成分が血中最高濃度に達するまでの時間が短く即効性があります。

ここで、医薬品には新薬とジェネリック薬という区分があります。
新薬というのは初めて開発されて実験や治験のプロセスを経て承認されて市場に出回る薬です。
新薬には特許が認められるので他メーカーが同じ薬を造ることはできないのですが、特許期間が満期になればその限りでなく、そうして製造されたのがジェネリック薬です。
新薬は先発医薬品、ジェネリック薬は後発医薬品とも呼ばれます。

先発医薬品と後発医薬品の一番の違いは製造コストです。
新薬は開発や研究のために多大なコストがかかるのに対し、ジェネリック薬は既に内容のわかっている薬を製造するので低コストです。
その結果市場での薬価に大きな違いがあり、同じ内容の薬でも後発医薬品の価格は先発医薬品の何分の1ということもあります。

ED治療薬のレビトラにもジェネリック薬が登場しています。
バリフ、プリトラ、ジェビトラ、シルビトラなど各種登場しているレビトラのジェネリック薬にはレビトラ同様にバルデナフィルが主成分として配合されています。

ED治療院の中にはレビトラのジェネリック薬を処方してED症状を改善する治療をしているクリニックがあります。
どんな薬にも言えますが、使用する時には副作用や禁忌事項について知っておかなくてはなりません。
血管拡張効果のあるレビトラのジェネリック薬にはレビトラ同様顔面のほてりなどの副作用症状がよく見られ、また血圧降下の可能性があるため降圧剤との併用が禁忌である点も同じです。
治療院ではこういった点を丁寧に指導しています。

関連記事