レビトラの服用間隔は?

薬を飲んでいる男性

レビトラは素早く効果が出ることがアピールポイントの薬であるため、ED治療薬としてこの薬を選んだ人は「毎日でも使用したい」と考えることがあります。
ただ少々注意したいのがレビトラの服用間隔についてで、この薬の服用間隔としては24時間以上空けて飲むことが基本となっています。
これは薬の成分が大量に体の中に残留してしまうことを避けるために必要なことであるため、一応毎日でも服用することは可能なのですが24時間が経過してから飲むことをしっかり覚えておくことが必要です。
現在レビトラは5mgと10mg、そして20mgの三種類が認可されていますが、このうち5mgと10mgに関しては、24時間以内に2錠服用しても大きな問題が生じることは考えにくいです。
もちろん体重と比較して薬の成分量がどうかということを考えなくては一概に安全だとは断言できないのですが、少なくとも20mgという錠剤が認可されていることを踏まえると5mgと10mgであれば短期間に集中して服用したとしてもある程度安全だと考えることが可能です。
ただやはりレビトラを含む薬というのは正しく利用されてこそ本来の価値が発揮される物ですし、何より大量に飲めば効果が出るというものでもありません。
この大量に飲めば効果が出るというものでもないという点は薬に不慣れな人からすると中々誤解をしやすいポイントになっているのですが、元々1錠を飲めば効果が出るように設計されているわけですからこのことはしっかりと考えておきましょう。
また5mg、10mgだと効果が実感しづらいといった事情があるのならば、そのことを医師に伝えるのも大切です。
医師は一般的なデータから処方する薬を決定しているとはいえ、やはり薬の効果の出方は体質による部分があります。
効果が感じづらかったということで治療が打ち切られることは無いのですから、こうしたことはしっかり医師に伝えていきましょう。

関連記事