• ホーム
  • レビトラ服用での肺などに危険が生じる可能性について

レビトラ服用での肺などに危険が生じる可能性について

レビトラは、ED治療薬としては知られた存在です。
バイアグラ・シアリス・レビトラを合わせて三大ED治療薬とよばれることもあります。
ただ、レビトラは医薬品のため副作用についても報告されていますし、飲み合わせには注意しておかなければならないことも多いです。
こうした注意を怠ると、命の危険もあります。
ですので注意事項についてはしっかりと守っておく必要があることはいえるでしょう。

レビトラを服用することによって起こる副作用については、主に顔のほてりや目の充血などの症状があります。
これらの症状は服用後にほとんどの人がこうした症状を引き起こすといわれています。
それほど重い副作用というわけではありませんが、心配であれば使用を中止して医師の診察を受けておくようにしておくと良いでしょう。

肺などの呼吸器系についてはあまり副作用としては報告されている事例はありませんので、肺などの危険が生じることはあまりないとみていいでしょう。
ただ、動悸がすることで呼吸が荒くなる可能性については若干あります。
様子を見ながら服用しておくようにすると良いでしょう。

それから、レビトラを服用している間はグレープフルーツの摂取については控えるようにしておくことが求められます。
これは、グレープフルーツの成分には薬の血中濃度を上昇させてしまう作用があることが分かっています。
ですので、場合によっては重篤な副作用を引き起こす危険性があるといわれていますので要注意しておきます。

ほかにも、薬の飲み合わせによって症状を悪化してしまう可能性がある薬物の種類についても少なからず報告されていますので飲み合わせて飲んではいけない薬については確認しておくようにすることが大事です。

関連記事